概念を打ち破る!

ドキッ!人だと思ったら違う!

晴海トリトンを歩いていました。考え事をしていたので前方を見る意識が薄れていたところ、目の飛び込んだのは「ジーパンの人が座っている映像」でした。でも、違和感が・・・。人じゃなく植木鉢になったジーンズだったんですね。

「ジーンズは履く物」という概念を、見事に打ち破ってくれました。こういうの私好きです。

よく、「私は太ってるから」とか「猫背だから」などど思い込んでいる人がいますが、その概念は刷り込まれたものかもしれません。というのは、他人から指摘されてなのか、他人とくらべてなのか、自分自身の考えから発生した考えでない可能性があります。しかも、その「太っているから」という固定観念から、どうせダイエットしても痩せないと思い込み、食べすぎたり、運動不足を自分自身で容認している可能性があります。

私自身、筋肉質だったので、体重が増えても「太っていない」と思い込んでいました。しかしある時、体重計に乗ったらびっくりする数字。これは「痩せなきゃ」と思いました。実際にやったのは、朝ウォーキングと姿勢と呼吸の研究。あと、今の消費カロリーは3食食べるほどの運動量は無いと思い、朝食を抜きました。(※成長期にあるお子様は、朝を食べてくださいね。)「朝食を食べなきゃいけない」という固定観念があったのですが、やめました。そして、周りには「大食い」と知られていて、私も自負をしていました。その変なプライドがラーメン並を注文できずに、特盛にしていました。まあ、食に対してのこだわりをやめたんですね。目の前にある食材をただただ感謝するようにしました。その結果、サラダにはドレッシングが必要という概念も消え、そのままでも美味しいと感じています。もちろん無理はしていません。必要だと思ったら、間食も食べています。

何かうまくいっていないと感じている方は、どこかで固定観念に縛られている可能性があります。目標に向かってポジティブ事を言っていると、今までの「負」の物に気づくので、それをやめていきましょう!

さて、私たちの仕事は、お客様が身体や顔に持っている固定観念を崩す事だと思っています。小顔矯正や骨格矯正後に、「頬が無い!」「エラが無い!」「猫背じゃない!自然と背筋が伸びる!」(※個人的意見です。)と、今までの自分で決めていた固定観念が崩れ、新たな感覚を得た時の笑顔って、本当に素晴らしいです!これからもこのようなきっかけを作ってあげれるように頑張ります!

振骨小顔センター

大渕

振骨小顔センターのホームページはこちら!

振骨小顔センター

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください