靴選びも小顔に関係ある?

靴によって、姿勢や小顔にも関係してきます。

今回のブログでは「靴選び」について書きますね。

小顔矯正に来たお客様の靴を見たり、施術前に足をチェックする時があります。

どうしてかというと、靴と外反母趾、O脚、姿勢が関係しているからです。そして、前から言っている通り、姿勢が悪いと顔にも歪みが生じる場合があるからです。

さて、靴選びですが、大きい靴や革靴みたいにかかとが痛くなりませんか?

かかと 小顔

このように、つま先で靴を上に持ち上げながら歩くと、かかとへの衝撃が強くなります。

もともと普通の歩き方でもかかとから着きます。しかし、足にはいくつもの骨があり、お互いに吸収、あるいは逃がしながら衝撃を和らげます。

しかし、足先を持ちあげることによって、足首がロック(固めた)した状態になり、かかとの骨に地面からの衝撃が集中します。これにより痛くなりやすいのです。

つま先 小顔

しかも、上の画像のように、小指より親指の方が上げやすくなります。すると、かかとの外側に集中するのです。

この事は他の部位にも悪影響を及ぼします。

脚のすねには2本の骨があり、太い脛骨と細い腓骨があります。体重は太い脛骨にかかるのがベストです。しかし、かかとの外側への体重が乗りすぎると細い腓骨にかかります。この骨は細いので、支えきれません。そうすると太ももの外側などで支える必要があるため、この骨に外側へ捻じれ、歪みます。これがO脚の原因の1つとなります。

O脚になると、姿勢を正しにくくなります。不安定なので身体の筋肉は硬直するし、骨盤も後ろに倒し、猫背になるケースが多いです。(その逆パターンで猫背だとO脚にもなりやすいです。)

足指を上げることに関して、顔に影響を及ぼすことがまだあります。それは、噛みしめてしまうクセがつくことです。

ここで実験ですが、立位でも座位でもいいので、つま先を上げてみて下さい。すると、首や、噛みしめる筋肉が緊張しませんか?ものすごく強い力ではないのですが、積み重ねると、筋肉に硬直を生みます。これが、エラや頬骨にも影響すると私は考えています。

やはり、靴選びって大事なんですね。

健康や痩せるためにランニングしても、歪む原因となり、小顔にとって悪影響を及ぼすことあるとは・・・。

あと少しで東京マラソン。

ジョギングをこれから始めたいという方も多いと思います。

前から言っている通り、姿勢よくウォーキング、ランニングすれば、顔も身体も方向性で矯正されます。小顔になるんです。

まずは靴選びをしっかりとしましょうね。

 

振骨小顔センター (東京都中央区勝どき)

https://tokyo-kogao.com/

Facobookはこちら

 

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください