なぜアルコールで除菌できるか。そして、手の荒れについて。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の為、注目を集めるアルコール除菌。ドラックストアでも、いつ入荷できるか分からないほど。ではアルコールなのか。

菌やウィルスの大きさや構造によって、効果的な消毒方法が変わります。 新型コロナウィルス除去に、アルコール消毒剤や次亜塩素水は効果的と報告があります。

今回はアルコール消毒剤について書きます。(お酒などのアルコールはおススメしません。エタノールが高濃度でないといけないからです。市販のアルコール消毒剤と使用しましょう。)

今回の新型コロナウィルスはエンベロープウィルスに属します。エンベロープとは外膜の事。この膜にアルコールがダメージを与えるため、除去に有効的とされています。

ここでちょっと余談。個人的な話をします。

私がアルコール消毒剤を使用する時、感染したくないという恐怖から消毒剤を使用してはいますが、このままだとウィルスに負けたという気持ちになるので、嫌なのです。消毒剤を噴霧する時、「ウィルスを退治してやる!」と妄想し、「外膜を剥がしてやる!」と視覚的にイメージしながらやっています。その方が、「コロナに勝った!」という思いが沸き起こり、気持ちがスッキリしますよ!

さて、話を戻します。こまめにアルコールで消毒をすると、手が荒れてきませんか?

それは、これらの理由が考えられます。

・皮膚表面のバリアとして働いている常在菌も除菌してしまう。

・お酒を飲むと利尿作用でトイレが近くなりますよね?しかも大量に飲むと脱水症状の可能性もあります。これは皮膚も似たようなことが。アルコールが皮膚表面の水分を奪ってしまう。しかも、脱脂作用があり、潤いの維持機能が減るから。

やはり、アルコール消毒剤の使用頻度の過多、そして長期間だと手が荒れてきてしまいます。

現状では、新型コロナウィルス対策には、まず除菌が大事。

まず、30秒手洗い、もしくは二度洗いをしましょう。そして、可能であれば、アルコール消毒剤などでの除菌を推奨します。

ただ、保湿もしましょう!

ハンドクリームやオイルなどを使用するのがオススメ。しかも、ハンドマッサージなどをしながら行なうとリラックス効果もあります!

油断しない方がいいのは、ハンドクリームの入れ物も、菌が付着しているしている可能性が。「手がカサカサ!」と思い、「すぐにハンドクリームを塗らなきゃ!」と手に取ることもありますよね。やはり、それも除菌をしていきましょう。

今は可能性一つ一つを潰していくことが大事ですよね。

新型コロナウィルスが一日でも早く沈静化することを祈ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください