脚を組むのは、やはり小顔の天敵!

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

先日、健康番組を観ていたのですが、脚を組むと脳の血液量が減るらしいですよ。

これは、脚を組むことにより、上にある脚が下の脚を圧迫するため、血液の流れが悪くなる為です。

ということは、むくみもとれにくくなるということです!

小顔になりたい!でも、むくみがとれにくいという方多いです。

水分量や姿勢などを気をつけても、脚を組むかは盲点だったかもしれません。

もともと骨盤を歪ませる原因として知られていますが、むくみにも影響するとは・・・。

 

あと、こんなところにも影響します。それは噛み合わせ。

脚を組むと、頭蓋骨の環境が変わり、片方の顎関節に負担がかかる可能性もあります。

やはり、脚は組まない方がいいですね!

 

(※座る時間が長い人は、脚を組んでいなくても、両足が椅子の圧迫を受け、血流が悪い状態だと考えられます。こまめに立ち上がったり、ストレッチをしましょう!)

 

振骨小顔センター (東京都中央区勝どき)

大渕

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください