簡単な姿勢の矯正法。

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

今日のブログは「姿勢の矯正法」です。これは簡単ですし、道具も要りません。

日頃から小顔矯正にいらっしゃったお客様に、姿勢が大事と言い続けています。そして、肩甲骨理論や小指理論を中心に皆様にお伝えしているのですが、今回は「視線」の話です。

皆様、歩行時はどこを見ていますか?

下を向いていませんか?

スマホを見ながらという人もいますね。そして、寒い時期が到来したので、身体の硬直から背中が曲がり、ついつい下を向いてしまうかもしれません。

以前、「耳の穴を首の乗せる感じだと体は楽になる」と書いたことがあるのですが、そのコツは視線を水平線より少し高くし、遠くを見るようにすること。

遠くを見ると、肩甲骨が近づき、自然と胸がはれてきます。

足元が危険な場合は、下を向かないと危ないですが、普段は遠くを見ましょう!

※ここで補足です。体は脱力して、遠くを見ましょうね。「見よう!見よう!」と意識が強すぎると、顔を前に出し、目を細めてしまう人がいるかもしれません。

 

秋から冬にかけて、空がきれいですよね。

今日も築地から歩いている時、気持ちが良かったです!

 

あと、視線を遠くにするということは、前方だけの意識ではなく、広い空間の中に私はいるという意識の方が姿勢がよくなりやすいです。

瞑想する時や、ヨガ・ストレッチをやる時もその意識を持つと、効果がすると感じています。

歩行時など、下を見るのではなく、遠くをみましょうね!

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

骨があるべきところにある。

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

本日のブログはお客様の感想です。

骨格矯正終了後、

「骨があるべきところにあるって感じです。体が軽いです。足もしっかり地面を踏んでいる感じもあるし、自然と胸がはれて、呼吸も楽にできる!」

と喜んでいただけました!

 

骨の「あるべき場所」。

そうなんです。骨が「あるべき場所」にないと体はつらいんです。

いわゆる歪んでいる状態。これは重心の間違いと筋肉の緊張から生まれます。私は、日頃から、小顔矯正や骨格矯正とは、骨をいい姿勢の場所に促すことと言っています。その「いい姿勢の場所」とは「あるべき場所」。

 

では、なぜ「あるべき場所」でなくなるのでしょうか。

その答えは、やはり姿勢とクセです。

 

何回も言ってて、耳にタコだとは思いますが、大事ですので、また言いますよ!

 

今の姿勢はどうですか?

姿勢やクセを意識していますか?

 

再確認しましょう!

 

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

「小顔矯正をしてから、朝の調子が良くて、お弁当が1品増えました。」

標準

こんにちは!痛みもなく、心地よい小顔矯正の振骨小顔センターです!

本日のブログは、お客様の感想です。

 

先程まで施術をしていた女性のお話。

女性「こちらの小顔矯正を始めてから、朝の調子がいいんです。しかもぐっすり寝れるようになり、頭痛も無くなりました。」

私「よかったですね!」

女性「寒いので、布団からでるのは大変ですが、起きると、パッと動けるんです。おかげで、息子のお弁当が1品増えました。」

私「おかずが増えたんですね!」

女性「おかげさまで息子にはおいしいと言われるし、周りの友達からもおいしそうと評判だそうです。」

(※こちらは個人的感想です)

 

「小顔になって嬉しい。」や「やせたと言われました!」とは聞きますが、生活だけでなく、息子さんにまで影響するのは驚きました。

これからも一人でも多くの方に、嬉しい体験をしていただけるように頑張ります!

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

 

アロマオイルで疲労回復!

標準

こんにちは!振骨小顔センターの大渕です。

このところ、本当に多くのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございます。

小顔矯正だけでなく、エステや整体など携わる人のあるあるですが、どうしても仕事はのぞき込むように下を向きながら施術するので、忙しい日は首が痛くなります。

そういう時はストレッチやヨガ、体操をすると痛みが取れ、筋肉も柔らかくなるのですが、限度を超えてしまうと、痛みが残る時があります。

そこで!私はyuicaのライスキャリアオイルに、水目桜やウィンターグリーンの精油を加えたブレンドオイルを作り、マッサージします。今日はおかげで痛みもなく、元気に営業することができました。

普段、仕事が忙しくなると、疲れが溜まりますよね。

その時は「これをすれば疲れが取れる!」という方法は持っていますか?

もしよかったら試してみてくださいね。

 

そうそう、ここで注意点です。

この水目桜とウィンターグリーンの主成分はサルチル酸メチル。湿布薬の成分として聞いたことありませんか?

成分としては強いものにあるので、アスピリン系でアレルギーがある方、妊娠中の方は避けてください。あと、規約量が濃いほど効くものではありません。私や希釈率は1%にしていますが、それ以上にしないのがいいと思います。

注意点は書きましたが、正しく使用すれば、とても有効的な精油です。おススメです。

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

yuicaのホームページはこちら!

研修に参加してきました!こうすると若返りホルモンが増えるのか!

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

先週、某アロマの協会の研修に参加してきました。

日本のアロマは、海外にアロマに見劣りするとみられがちですが、そんなことはありません。海外からは「日本はアロマ大国になる。」とも言われていて、注目されています。

私は5年前から「yuica」が大好きで、ライスキャリアオイルや精油を使用しております。ほんとに気に入っています。

さて、この研修の中で、若返りホルモンと呼ばれる「DHEAーS」がアロママッサージで増えるという発表がありました。

実験内容は被験者に週1回のペースで、「yuica」のブレンドオイルでマッサージし、「DHEA-S」の値を検査するもの。

この「DHEA-S」は動脈硬化や色素沈着の改善だったり、コラーゲン合成が盛んになったりとアンチエイジングで期待されています。多い方が長生きというデータもあり、長寿ホルモンとも。

この「DHEA-S」は、20歳前後でピークとなり、あとは加齢とともに低下していきます。しかし、この実験では増えたのです。

これはアロマの成分によるものなのか、リラックスしたことによるものなのか、適度な筋肉・皮膚刺激によって増えたものなのか、まだ詳しくはわかりません。しかし、とても興味深いデータでした。

小顔矯正や美容整体をしていると、お客様のお肌のハリが見違えるほどよくなる時もあります。私の施術は、美容液や化粧水などの外的要素からでなく、筋肉などが柔らかくなることで血行が良くなり、身体の内側からきれいになってもらいたいという気持ちから、何もつけずに施術をしています。

でも施術後、お肌にハリや潤いがある。やはり、「DHEA-S」のようなホルモンの影響もあるのでしょうか。今後、実験の症例が増えることにより、もっと詳しいことがわかると思うので、楽しみにしています。

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら。

お風呂の温度は何℃がいいの?

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

今回のブログは「お風呂」についてです。

小顔矯正や美容整体で来るお客様から、「シャワーじゃだめ?」「お風呂は何℃がいいの?」と聞かれます。

様々な情報があり、迷っている人が多いのではないでしょうか。でも、私の答えも迷わすかもしれませんが、個人差があるということです。

では、説明していきますね。


お風呂とシャワーはどっちがいいの?


この答えは、断然お風呂です。

シャワーは流れ出る水の圧力があり、リズム的に皮膚にあたるので、マッサージ効果があると思います。

なので、スッキリした気持ちになったり、思わず凝り固まった筋肉に長時間シャワーのお湯を当てることありますよね。この事を考えると本能的にシャワーで癒されていると感じます。でも、シャワーの難点といえば、深部体温まで上げることは大変な作業になるということです。

では、お風呂はどういうところがいいのでしょうか。

・温熱効果

体温より高いお湯につかることにより、体温が上がります。すると身体は熱を発散させるために血管を広げ、汗をかく。血流が良くなることで疲労回復にもいい。温度によって効果は変わるが、自律神経を調節する。

・浮力効果

水中では地上にいるときと比べ9分の1程度にしか感じません。お風呂に入ると体が軽くなる感じありますよね。この時、筋肉は弛緩し、関節の負担も軽くなります。

・水圧効果

入浴中、ウエストは3~6cm程度締める圧力があります。そこばかりではなく、夕方以降にむくんだふくらはぎにもかかります。この水圧により血液の流れはよくなり、むくみ軽減しやすくなります。

あと、お風呂場では大量の水蒸気もあるので、潤す力やマイナスイオンによる癒しの効果もあると考えられます。

これらを聞くと、やっぱりお風呂がいいと思いますよね。


半身浴?それとも肩まで?


この答えは難しいです・・・。

皆様も雑誌やTVなどでも、両方の意見がありますよね。

私としては「肩までつかる」のをお勧めしています。

それは深部体温が高くなりやすいから。

半身浴している時に浴室が寒いと、肩回りの血流は悪く、肩が凝ってしまう。そして、水圧の効果を最大限に生かしたい!

ですが、「半身浴」を勧めるケースがあります。

それは、心臓が弱いケース、病弱なケースです。肩までつかると体の負担もあるので、水位が心臓より下にある「半身浴」を勧めています。


お風呂の温度は何℃がいいの?


この答えは目的によって違います。

まず自律神経の観点から。

温度によって、身体への影響が変わります。

 

・高温浴  42℃  交感神経の緊張を促し、身体を目覚めさせる。

・温浴  39~41℃ 一般的な温度で、血液の循環が良くなる。

美温浴  37~39℃ 副交感神経を刺激し、リラックス。筋肉が弛緩する。

 

これをみると、リラックスしたい時は38℃、目を覚まし、動きたい時は42℃となります。

睡眠を考えると、熱いお湯に短時間。

なぜなら、深部体温が下がる時に眠りにつきやすい。熱いお湯で深部体温を上げ、入浴後に下げるのが目的。できれば就寝の2,3時間前が理想的です。

ただ、ストレス溜まり、イライラしている時はリラックスするために38℃がオススメとなります。イライラを鎮め、精神を落ち着かせて就寝しましょう。

睡眠に関してまとめると、身体の構造的には熱いお湯。でも、精神的、落ち着きたい時はぬるま湯と、状況によって変えましょう。


お肌にいい温度とは。


ここからは美肌の観点から書きますね。

お風呂に入ると、温熱刺激により、皮膚の血管が拡張します。そして、その血流により栄養や水分が角質層へ補われます。

でも、同時に皮膚の水分飛散量も増えます。

このバランスが大事になります。

43℃以上のお風呂だと水分飛散量が増えるし、皮脂も解ける。皮膚が乾燥してしまうんですね。

熱いお風呂に入って、お肌がカサカサになった経験ありませんか?

私、昔経験があります。

東京、特に下町の銭湯のお風呂熱いですよね。熱いのは平気だと思って足を入れてみたら・・・、無理でした。

でも、銭湯に来たからには入らないともったいないと思い、頑張ったら、肌がカサカサ・・・。

では角質層が潤うには何度?

それは40℃以下です。角質層の水分量が増え、プルプルに!でも、入浴後すぐに保湿してくださいね。

 

角質層に水分がしっかり保湿されていると、お肌の引き締め効果も見込めるので、小顔の観点からもいいです!


ヒートショックプロテイン入浴法


熱ストレスによってダメージを負ったたんぱく質を修復しようと増加するのがヒートショックプロテイン。

私が学生の時は、スポーツなどで痛めた筋肉の修復にいいと習っていましたが、現在では研究が進み、免疫力アップやコラーゲンの修復など健康面や美容面でも注目をされています。

体温を38℃にするため、42℃のお湯に10分、41℃なら15分、40℃なら20分入浴をするのがいいとされています。

これは体力も消耗する可能性や大量に汗をかく可能性もあるので、週2回程度にする、水分補給をするなどした方がいいでしょう。

そうすれば、お肌のハリやほうれい線にも効果を発揮するかもしれません。


まとめます。


このように温度によって、目的・効果が変わります。

ただ、これだけは言えます。45℃など、超高温にはしないでくださいね!皮膚にとってよくありません。

お風呂の温度は好みがあります。高めが好きでも、低い温度に入っているとストレスが溜まります。

なので、今日はリラックスして、保湿を考えるなら38℃。いや、免疫を上げたり、筋肉・コラーゲンの修復と考えるなら42℃と、お風呂に入る目的を決めましょう!

 

振骨小顔センター

ホームページはこちら!

公開している写真について。

標準

こんにちは。振骨小顔センターの大渕です。

只今、ホームページやブログにてBeforeAfterの写真を公開しております。

厚生労働省が来年6月をめどにして、医療美容などでのBeforeAfterの写真の掲載を禁止を検討しているということですので、残念なのですが、当センターも2018年以降は、順次、BeforeAfterの写真の掲載を中止していきたいと思います。

もともと、他の美容系のサイトを見ると、写真の加工がひどいところもあり、残念に思っていたのですが、お客様が特定されないように目のラインなどしか付け加えをせず、本物で勝負してきた当センターにも影響を及ぼすとは・・・。

だって、たまたまの成功例を掲載しているところもあるなか、ブログでは100人を超える写真を掲載してきたのですからね。広告ではなく技術で勝負をしてきたという自負はあります。

これから、ホームページなどの内容は変わっていくと思いますが、コレをチャンスと思い、ますますいい物を仕上げていきたいと思います。

そして、私の技術が必要というたくさんのお客様の為にも頑張っていきます!

 

振骨小顔センター

大渕

 

 

Vol.114 小顔矯正モニターさんの結果を公開!

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

今日のブログは小顔モニターさんの結果をお見せしますね。

小顔矯正前(1回)

小顔矯正後(2回)

(※結果・効果には個人差がございます。)

お客様のお悩みは、面長、エラ、左右のバランス・歪み。あとはおでこを丸くしたいとのご希望でした。

今回の施術で重点に置いたのは面長と歪み。

首を触るとクセや筋肉の硬直があるので、まず、筋肉・筋膜をほぐし、緊張を解放。すると、首の歪みも整い始め、可動域も広がりました。

その後、顔や頭を触ると、筋肉の左右差の軽減がみられ、歪みが少なくなってきました。実際こちらの写真を比べると、小顔矯正後の方が顔がまっすぐで整って見えますね。そして、アゴが引けて、長さも短くなったという印象を受けます。

実際の人間の骨というのは、左右同じ大きさとは限らない。でも、日常生活のクセにより前後左右で筋肉が過度に緊張する箇所が生まれます。筋肉の緊張とは硬くなること。硬くなるということは骨を引っ張る可能性があるということ。クセという小さな積み重ねが身体や顔の歪みを生む可能性があるということ。

もう一度、立ち方、座り方、食べ方など自分自身を客観的に見て、クセを再認識しましょう!

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

休みについてお知らせ。(振骨小顔センター)

標準

こんばんは!振骨小顔センターの大渕です。

以前、10月31日~11月2日に研修の為、お休みさせていただきますとブログにてお知らせしていましたが、スケジュールの関係で、今回は中止となりました。

10月・11月の最新のカレンダーはこちらでございます。

 

営業日となった日に、さっそく予約が入り始めていますが、まだ施術可能な枠もあります。ご予約はお早めに!

 

p.s

最近、通っていただいているお客様が結婚されたりと、嬉しいニュースが多いです。これからも、みなさまに嬉しい出来事が訪れるように頑張っていきます!

 

振骨小顔センター

大渕

 

ホームページはこちら!

ストレッチで無理やり伸ばしてませんか?

標準

こんにちは!振骨小顔センターの大渕です。

私は小顔矯正や骨格矯正後のアドバイスとして、「ストレッチをしてくださいね。」と伝えます。

それは、一日中、仕事やプライベート、スマホやパソコン、寝相などのクセで筋肉の緊張の左右差が生まれます。そのままにしていると、筋肉が骨が引っ張り、身体に歪みが生じてきます。そうならないためには筋肉の柔軟性を維持した方がいいのです、

そして、ストレッチをすることで、各パーツのクセや、現状の姿勢を脳が把握することにより、自分でいい姿勢に保とうと意識してくれます。


どうやってストレッチしてる?


お客様に、「どのように首のストレッチをしてますか?」と聞くと、「腕の力で首の筋肉を伸ばしています。」という方がほとんどです。ある方は「痛くないと達成感がないので、思いっきり伸ばしてます。」という人もいました。

そもそも何故、ストレッチをすると筋肉が柔らかくなるのでしょうか。

その理由は、継続的なストレッチをすると、筋原線維が長くなり、筋肉の柔軟性が高まるからとされています。

ここからは何故、無理矢理な力でやるとよくないと私は思っているのかをお伝えします。


リラックスするのが大事


腕の力で首のストレッチをすると、「伸ばそう、伸ばそう。」としてしまいますよね。力で伸ばすということは、身体は緊張状態であるともいえます。

「緊張」=「身体が硬くなる」

せっかく伸ばそうとしているのに、気持ちや身体で身体を硬くさせようとしているのです。

ではどうするのか。

写真のように、手のひらを頭に引っかけて、「腕の重さ」で引っ張られるようにしてください。

「引っ張る」のではなく「引っ張られる」。

このように、他動的に筋肉を伸ばして欲しいのです。

あと、これも気を付けましょう!

  1. 深呼吸をしながらやる。
  2. 1つの動作を20~30秒かけてやる。
  3. リラックスした状態でやる。

ぜひお試しください。

 

振骨小顔センター

大渕

 

武道・ヨガ・運動療法の視点からも小顔矯正を紐解く。振骨小顔センターはこちら!